Copyright © KAYA KATO. all rights reserved

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

follow me

Please reload

April 30, 2018

リトリート前に寄り道



繭蔵の食事はいつも完璧に美味しくて、ハァァァーと感嘆する 

満月前のリトリートは最初から最後まで本当に良い時間で、胸がいっぱいになった

満月当日の今日は薬草を摘んだ。
数週間前に干した薬草は保管用にバラして、その中からひとつかみもらってお茶にして飲んだ。

大きなザルに目一杯摘んで、お茶5回分になるかならないかだけど、月のエネルギーの満ちた薬草はきっとだれかの傷を癒すから


せっせと干してる。 

April 24, 2018

ニセアカシア

って、なんだかかわいそうな名前のような気がするけど
アカシアの蜂蜜はニセアカシアのお花から採るのだって。
それ、蜂じゃないよね…?

よくわからないけど、とっても香りが甘いのは確か。
100m近く離れたところからも、あ、今咲いているなってわかるくらいの。

またの名をハリエンジュ

針槐

繁殖力が高すぎて嫌われてるという。

お花は房ごと天ぷらにするんだって
 

車の音も良く聞こえる街なかだけど、ここが好き

このお花を蒸留したら、夢のよーな香りのフローラルウォーターが取れるのではないかと思った。

房ごといただくのは忍びないから、落ちているの...

April 10, 2018

はじまりはここから

あれはもう2年近く前、本当に狂ったように、毎日ハダシで歩いていた。

初心にかえるナチュラルアーシング
そのつもりではなかったから、靴を入れる袋を持ってない
両手に一足ずつさげて、慣れた足どりで進む。
 

いつかの大雨で押し寄せたらしい木切れがアーシングロードを覆っている
私の足裏は尖った枝たちにもビクともしないばかりか、靴を履いている時よりも歩みが速い。

断然速い。

きっと、運転免許みたいなものよ。

取りたてのころに何ヶ月も練習しておけば、数年経ってもカンを取り戻せる、きっとこれはそういうタイプだと思う。

知る人が基地と呼ぶその場所は...

April 7, 2018

お花たくさんいただきました。
とってもキレイ

ありがとうございます!


何かがおかしい
このままでは40歳まで生きられないような気がすると思ったのは、絶不調だった30歳の頃


30の頃は薬や薬や薬に生かされていたような。
毎日悲しかった。
38歳になりました。

今でも悲しいことはたびたび起こるけれども。
すべてはただ起こっているだけだと、思う。



 

アメイジングな手当て療法のクラスに、私は何度参加したのだろう。
100回超えたのかな?どうだろう。
今日は、マットに横たわって手当をしながら、大好きな建物の中にいる白昼夢を見ていてた(夜...

April 3, 2018

いつかの待ち合わせ場所には桜の絨毯が用意されていて
ああ、今にもハダシになりたいという欲望にかられる。

でもね道路は靴で歩くよ、大人だから。

青色が好き
特に、濃いネイビーブルー

あとはきつめのピンクと、アースカラーのグリーン

香りは沈丁花
それに甘い針槐や百合

シャープなローズマリーや針葉樹
 

もう何年も、好きじゃない色の車に乗ってる
でも、その車には、ウサギのマークがついてるからいいのだ。

私の人生には、ウサギが必要だと、何度でも。
愛玩動物だなんて、そんな。

同志だよ。

 

彼女はやっと、ボトルからお水を飲むことを覚えた。
その口元...

Please reload

January 31, 2019

January 30, 2019

November 7, 2018

August 29, 2018

August 19, 2018

Please reload

最新記事
タグから検索
アーカイブ
Please reload